金融とITの融合

男女

企業にとっての魅力

以前より金融と情報技術の融合は注目されていました。銀行などのATMがそれにあたり、またインターネットバンキングも情報技術の1つです。フィンテックは情報技術と金融を合わせた造語であり、金融機関の情報系をシステム構築した形を言います。当初は上記のようなシステムだけでしたが、リーマンショック以降は金融システム全てを情報システム化していこうという動きが世界的に起こりました。従来の金融サービスを情報システムによって利便性を高めていくサービスをフィンテックと表現しています。フィンテックはIT企業が行うサービスであり、企業とお客双方に大きなメリットがあります。フィンテックを導入する事で、オンライン決済が安く簡単に行う事ができる様になります。委託した企業は情報処理のスペシャリストである為、ウィルス等の防御も高く、企業はウィルス対応ソフトを都度更新する手間がなくなります。オンライン決済により情報管理がしやすくなり、企業側の手間や人件費削減が叶います。お客にとっては楽に決済処理ができ、尚且つ手数料も非常に安く済みます。フィンテック企業より金融に関する様々なサービスが受けられるようになる事も魅力と言われています。企業の資金調達も手数料や金利をコストダウンする事も可能です。他に法改正にも迅速に対応しているので、任せる事で社内負担も減ります。投資顧問サービスもあり、企業が投資する際に様々なアドバイスや情報を提示してもらえます。この様にコストやリスクにメリットが大きい事が、フィンテック企業に委託する魅力と言えます。

Copyright© 2017 ビジネスでのコスト削減!フィンテックが経営者に人気なワケとは All Rights Reserved.